なんでだろう。

なんで卵巣が痛いんだろう。
こないだ日本で、卵巣腫れてるとかいわれたけど、そんなに気にしなくていいとは言われた。
そのときは特に痛くないと思ってたんだけど、これは卵巣の痛みなんだということが今週になってわかった。ただの排卵痛?だったら明日にはもう痛くなくなっていいんだけど。
明日朝起きたら痛くなくなってることを期待して、もう寝よう。
先週土曜からずーーーーーーっと子らが高熱やらセキやら嘔吐やらでバッタバタ。
しかもずっと家にいるから本当に暇だしご飯作るのも疲れてきた。もう限界っす。
明日は就学通知書持参して、初の小学校へ。
たかが5分くらいしかかからないものなんだけど、なんだかとっても緊張。
はぁ。だめだ。疲れた。何も考えないで、もう寝よう。
子供たちがまた夜中咳き込んだら、起きなきゃいけないんだからさ。
[PR]
by yountomo | 2012-01-26 21:53 | ただのひとりごと

韓国の友達のホームページで、こんな詩がのせられてました。

b0045267_133742.jpg

내가 엄마가 되기 전에는

내가 엄마가 되기 전에는 언제나
식기 전에 밥을 먹었었다.
얼룩 묻은 옷을 입은 적도 없었고
전화로 조용히 대화를 나눌 시간이 있었다.

내가 엄마가 되기 전에는
원하는 만큼 잠을 잘 수 있었고
늦도록 책을 읽을 수 있었다.
날마다 머리를 빗고 화장을 했다.

날마다 집을 치웠었다.
장난감에 걸려 넘어진 적도 없었고,
자장가는 오래전에 잊었었다.
내가 엄마가 되기 전에는
어떤 풀이 독이 있는지 신경 쓰지 않았었다.
예방 주사에 대해선 생각도 하지 않았었다.

누가 나한테 토하고, 내 급소를 때리고
침을 뱉고, 머리카락을 잡아당기고
이빨로 깨물고, 오줌을 싸고
손가락으로 나를 꼬집은 적은 한 번도 없었다.

엄마가 되기 전에는 마음을 잘 다스릴 수가 있었다.
내 생각과 몸까지도.
울부짖는 아이을 두 팔로 눌러
의사가 진찰을 하거나 주사를 놓게 한 적이 없었다.
눈물 어린 눈을 보면서 함께 운 적이 없었다.
단순한 웃음에도 그토록 기뻐한 적이 없었다.
잠든 아이를 보며 새벽까지 깨어 있었던 적이 없었다.

아이가 깰까봐 언제까지나
두 팔에 안고 있었던 적이 없었다.
그토록 작은 존재가 그토록 많이 내 삶에
영향을 미칠 줄 생각조차 하지 않았었다.
내가 누군가를 그토록 사랑하게 될 줄
결코 알지 못했었다.

내 자신이 엄마가 되는 것을
그토록 행복하게 여길 줄 미처 알지 못했었다.
내 몸 밖에 또 다른 나의 심장을 갖는 것이
어떤 기분일지 몰랐었다.
아이에게 젖을 먹이는 것이
얼마나 특별한 감정인지 몰랐었다.

한 아이의 엄마가 되는 그 기쁨,
그 가슴 아픔,
그 경이로움,
그 성취감을 결코 알지 못했었다.
그토록 많은 감정들을.
내가 엄마가 되기 전에는

Madrayさんが翻訳してくださった日本語版です!ぜひ読んでください
[PR]
by yountomo | 2005-09-19 11:46 | ただのひとりごと | Comments(8)

以前、Kikiさんからムービーバトンをいただいたのに、ずーーっとそのままにしてしまっていました。ゴメンナサイ、Kikiさん・・・今日やっと、お答えしまーす。

①所有している映画の本数:買ったことないです。いつもレンタルで見てます。
②最後に買ったDVD:
持っていないので、最後に借りたDVDは・・・「大統領の理髪師」借りたけれどまだ見てません。今日の夜見る予定・・・
b0045267_13261861.jpg

③最後に見た映画:「マイ・ブラザー
b0045267_13312283.jpg

ウォンビン見たさに借りたのだけど、感動して大泣き。兄と弟がお互いを思いあう姿と、母への愛情、、、悲しい結末だけれど、心が温かくなりました。
④よく見る、または特別な思い入れのある5本
冷静と情熱の間
ちょうどこの映画を上映していたコロ自分自身がちょっと辛い恋愛をしていたので、最初から最後まで感情移入して見ていました。フィレンツェの景色もすごくきれい・・・今でもたまに思い出すと見ています。小説、赤・青どちらも読みました。
恋しくて
高校生のコロ見た、かなーり昔の映画です。ボーイッシュな男の子が自分が恋する男友達の恋愛の手助けをするという切ないお話。
b0045267_13354353.jpg

シルミド
b0045267_13424973.jpg

死刑囚たちが「金日成の首を取れ」という指令のもとシルミドで極秘訓練をし、結局最後には必要なくなり、事実抹消のため全員始末しろとの命令、、、最後まで涙が止まりませんでした。
しかも実話だったのことで・・・オッパと一緒に見にいったのですが、オッパも見ながら泣いていました。彼らの受けた訓練は、実際オッパが海兵隊時代にやったことのあるものがほとんどだったそうです。このときはまだオッパと結婚を決めて間もないころだったのですが、日本韓国の大きな違いを感じました。
ちなみに・・・この映画をみてアン・ソンギおじさまのファンになりました。
アラジン・・・どなたでもご存知だと思いますが、私がディズニー映画の中で一番好きなものです。基本的にディズニーはハッピーエンドで終わるからいいですよね。
活きる
b0045267_147548.jpg

家庭を守るお母さん役のコン・リーがとってもかっこいいです!チャン・イーモウ監督の作品は好きで、ほとんど見ましたがその中でも一番好きです。
[PR]
by yountomo | 2005-09-03 14:03 | ただのひとりごと | Comments(2)

最近ネットで見つけた、とても素敵な詩です。
これを読むと、お腹に宿ってくれた赤ちゃんに、ありがとうって、伝えたくなります。


わたしがあなたを選びました

おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
汚れのない世界から地上に降りるのは勇気がいります。
地上での生活に不安をおぼえ 途中で引き返した友もいます。
拒絶され泣く泣く帰ってきた友もいます。
あなたのあたたかいふところに抱かれ 今 わたしは幸せを感じています。

おとうさん
私を受け入れた日のことを あなたはもう思い出せないでしょうか?
いたわりあい 求め合い 結び合った日のことを
永遠に続くと思われるほどの愛の強さで わたしを誘った日のことを
新しい いのちのいぶきを あなたがふっと予感した日のことを
そうです あの日 わたしがあなたを選びました。

おかあさん
わたしを知った日のことをおぼえていますか?
あなたはとまどいました。
あなたは不安におそわれました。
そしてあなたは わたしを受け入れて下さいました。
あなたの 一瞬の心のうつろいを わたしはよぉくおぼえています。
つわりのつらさの中で
わたしに思いを向けて自らを励ましたことを
わたしをうとましく思い もういらないとつぶやいたことを
わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを
わたしは よぉくおぼえています。

おかあさん
あなたとわたしはひとつです。
あなたが笑い 喜ぶときに わたしは幸せに満たされます。
あなたが怒り 悲しむときに わたしは不安に襲われます。
あなたが憩い くつろぐときに わたしは眠りに誘われます。
あなたの思いはわたしの思い
あなたとわたしはひとつです。

おかあさん
わたしのためのあなたの努力をわたしは決して忘れません。
お酒をやめ 煙草を避け 好きなコーヒーも減らしましたね。
たくさん食べたい誘惑と本当によく戦っていますね。
わたしのために散歩をし 地上の素晴らしさを教えてくれましたね。 すべての努力はわたしのため あなたを誇りに思います。

おかあさん
あなたの期待の大きさに ちょっぴり不安を感じます。
わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
わたしの性格にあなたはためいきするでしょうか?
わたしのすべては 神様とあなたたちからのプレゼント
わたしはこころよく受け入れました。
きっとこんなわたしが いちばん愛されると信じたから。

おかあさん
あなたにまみえる日はまもなくです。
その日を思うとわたしは喜びに満たされます。
わたしと一緒にお産をしましょう。
わたしがあなたを励まします。
あなたの意志で廻ります。
あなたのイメージで降りていきます。
わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。

おとうさん
あなたに抱かれる日はまもなくです。
その日を思うとわたしの胸は高鳴ります。
わたしたちといっしょにお産をしましょう。
あなたのやさしい声が わたしたちに安らぎを与えてくれます。
あなたの力強い声が わたしたちに力を与えてくれます。
あなたのあたたかいまなざしが わたしたちに励ましを与えてくれます。
わたしたちはあなたをこよなく愛し 信頼しています。

おとうさん おかあさん
あなたたちのことを こう 呼ばせて下さい。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て
わたしは地上に降りる決心をしました。
きっと わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。

おとうさん おかあさん
いま わたしは思っています。
わたしの選びは正しかった と。

わたしがあなたたちを選びました。

b0045267_1827408.jpg

[PR]
by yountomo | 2005-05-06 18:27 | ただのひとりごと | Comments(14)

不安の種

オッパのお母さんと아주버님(オッパのお兄さん)家族、計5人が日本に来る日が決まりました。
28日~11月1日。で、私の両親と会うのは31日。
言葉の問題があるけど、幸い日本に住む큰형님(いちばん上のお姉さん)家族が日本語ぺらぺらだから安心。あ、オッパも・・・


아주버님の奥さんもすごくいい人だし、みんなにあえるのはとっても楽しみなんだけど、今回はまさに、私の両親に会うために日本に来るってことで、わたくし非常に緊張しています。

料理・・・・・本気でやばいかも。
前回아주버님の家に泊まったときは、毎日大量でいろんな種類の朝ごはんを出してくれた。
ずっと一人暮らししてきた私は、朝ごはんは作るけどトーストに卵、ウインナー、フルーツ、それだけ。まったく手のかかっていないものだけ。
お母さんたちが来たらわたしどーすんだ!?
さらに最近韓国料理のレパートリーを増やそうといろいろ試してるけどどれもこれもなんかイマイチ。
オッパはやさしいからまずいとか絶対言わないけど、表情でわかるわよ。
昨日は순두부(豆腐鍋)を作ったんだけど、味見をしたオッパは吹き出す始末!
結局味噌を入れられて、別物鍋になりました。

かなしい・・・・・料理がどうしてこんなに下手なんだろう。
オッパ曰く「興味があればそのうちにうまくなるから」確かに慰めになるけど、
とりあえずお母さんたち来日までに、もう10日しかないんです。
韓国料理はあきらめて、日本料理にしとくか・・・・
しかし肉じゃがしか自信ないんだよな~~~。
頭が痛い!!
[PR]
by yountomo | 2004-10-19 17:36 | ただのひとりごと | Comments(1)