韓国から戻って・・・

25日に韓国から戻りました。

それはそれは非常に濃い1週間でした。
いろんなことを考え感じた1週間・・・
自分が日本人なんだということ、
そしてオッパが韓国人なんだということを、はっきりと実感しました。
家族がみなオッパに韓国へ戻ってきてほしいこと、
オッパ自身も本当はとてもそうしたいことも分かり、
なんだかとても辛くなりました・・・

仕事の面を考えても、オッパは韓国に戻ってきたほうが絶対にうまくいく。
細木さんも言っていたけど、妻は夫が外でがんばれるように家で支えてやるのが一番大事なこと。

オッパの将来と私達の生活のために、韓国に住んだほうがいいんだ、って深く感じました。

でも、今回韓国へ行って、どうしても受け入れられないところもけっこうあって、
果たして私が韓国に住んでうまくやれるのだろうか・・・
すごく不安になりました・・・

結婚指輪をはめて帰ってきたのですが、今はこの指輪がとても重く感じてしまいます。
責任、というか・・・

ずっと今まで一人で暮らしてきた私。
特に家族とも親しくしていなかったし、(親が嫌いではありませんが・・・)
ただ自分のことだけを考えていた。
でも、今はもう違う。
自分のことよりも、周りの人たちのことを考えなければいけない。

私って本当に子供だなと思います。
いつまでも二人だけで楽しく過ごせるわけがないのに、どうしても「自由」を捨てられずにいる自分がいて・・・

国際結婚を甘くみてました。
付き合い始めのころは、好きなら何でも乗り越えられると思ってたけど、
今の私は完全に壁にぶちあたってるみたい。

韓国滞在中、オッパがふと私に「どう?韓国に住めそう?」と聞いたんです。
そのとき私は言葉につまって、はっきりと「住める」といえなかった。
オッパは悲しい顔をしてこう言いました。
「俺はTomokoのことが好きだから、何でもできるよ。韓国に帰らずに、日本でうまくやっていこうと思えるのに。こんなこと言いたくないけど、俺のほうがTomokoを愛してると思う。。。」

一瞬考えてしまいました。
オッパはこんなに私を大切にしてくれているのに・・・
私は結局自分のことばかり考えている気がした・・・
オッパを好きならもっとオッパが楽になれるように考えなければいけないのに。
まだ「韓国に住む」という結論が出せなくとも、せめて前向きに考えなければいけないよね。

自分自身に何度も問いかけました。
ほんとうに心からオッパを愛してるの?

「オッパを愛してる」
この気持ちが全てだと思う。
相手を愛する気持ちがあれば、できないこと乗り越えられないことなんてひとつもないのに。

もっとオッパを愛さなければいけない。
すごくそう思いました。

・・・私も情深い韓国人に生まれ変わりたい・・・・・

今隣でオッパはいびきをかいて寝てます。
最近この寝顔をみながら、いつも「ごめんね・・・」という気持ちでしばらく顔を見つめてしまう。

オッパ、私に言わないけど、日本で生活するのは大変だよね・・・・
家族とも離れて、さびしいよね・・・・・
韓国に帰りたいよね・・・・・

決めました。
私2年後にはオッパと韓国へ行けるよう、心を入れ替えます。

心の準備のほかに、不可欠なのが韓国語の習得。
一人でやるよりも、仲間がいたほうがいいと思い、スクールに通うつもりです。
さっきネットで探していたけれど、週1で1レッスン1時間半のところが多いですね・・・
ほんとは毎日でも通いたいんですが・・・
ただお金がないというのが問題なんですね~(--;)
それともやはり通信講座でやろうか・・・
でもこの私に続くわけがない・・・

どなたか新宿・上野あたりでいい韓国語スクールがあったら教えてください!!!
[PR]
by yountomo | 2005-02-27 01:30 | Comments(16)

日本へ帰国・・・

早朝お兄さんに車で送ってもらい、노원から空港バスに乗りました。

正直、「やっと帰れる・・・」と気が抜けました。

帰りの飛行機はすごく揺れたけど、それでも日本についたとき本当にほっとしました。
韓国がすごく高いハードルの後ろにある気がしちゃいました。

でもオッパの妻になった以上、なんでも乗り越えなければいけないんだよね・・・

乗り越えなくちゃいけないと思ってても、それはそれはショッキングなこともあります・・・

昨日の夜、オモニムが病院から帰り、最後だからということで3人で一緒に寝たんです。
3人で寝るのはまだ大丈夫だけど、
オッパとオモニム抱き合って寝てるんですよ!!!
私はあまりのショックですっかり目が覚めました。

日本だったらマザコンって言われちゃうと思うけど、韓国ではこういうのって普通なんですよね!?(もし普通じゃなかったりしたらどーしよう・・・)
お母さんと息子が手を握ったりするのも当然だし。

そのうちオモニムは私のことも抱きしめてきたんです。
私の頭はノーブラのオモニムの頭にしっかりと埋まり、手はつながれ・・・
私は心休まるどころが脈が早まって死んでしまいそうでした。

結局昨日はほとんど一睡も出来ず・・・
結婚式前も、きっと3人でねるんだろうけど・・・・
お肌に悪いから別々に寝かせてほしい・・・
なんてそんなこといえませんけどね(*_*)

言うまでもなく、日本に帰ってからは死んだように眠りましたよ。
[PR]
by yountomo | 2005-02-25 18:24 | Comments(0)

準備開始ー

今日はまず指輪を作りに。
3番目のお姉さんの友達のお店に連れて行ってもらいました。
普段つける指輪はキュービックの小さいシンプルなものにしました。
また韓国では、2連になっている指輪を礼物として作る習慣があるらしく、それも作りました。
金の模様が書いてあるやつ。

出来上がりは24日の予定・・・

お昼は칼국수を食べ、そのあとはオッパと二人で忠武路に招待状を作りに行きました。
ついでに以前オッパが働いていた会社へ顔を出しに・・・
みんなとても懐かしかったのか、2時間近くおしゃべりをしてました。
私はほとんど言ってることがわからなかったので、隣に座りながら眠くなり・・・

でも食べるときはちゃんと食べてます。
b0045267_18143945.jpg


夜は仁寺洞で私の友達수희,そしてオッパのおさななじみに会いました。
私達が行ったのは、”아빠 어렸을적에”
久しぶりに동동주を飲み、酔ってしまいました・・・

b0045267_18173432.jpg


家に帰ってから、同じアパートに住んでいる友達も家に呼び、コーヒーを飲みながら再会を楽しんでいました。

明日もハードだ・・・早く寝なきゃと思いつつ、いつも1時を軽く回ってる毎日です。
[PR]
by yountomo | 2005-02-21 18:09 | Comments(0)

ハンボク作り

今日はフォトスタジオに結婚写真の打ち合わせと、ハンボク(チマチョゴリ)を作りに行きました。

だいたい2~3万で作れるんですね。もっと高いと思ってました。
私が選んだのはこの色です。
b0045267_18205718.jpg


2~3日でできるとのこと。
オモニムの好意で、私の母にもハンボクを作ってくれることになりました。
オモニムが持っているのが、お母さんにおすすめのハンボクカラーです。
b0045267_1822024.jpg


オッパは、お兄さんのハンボクを着ることに。
ピンクが入ってて似合うのかなー?と思ったけどなかなか似合ってた^^
子供達はくっついて離れません!
b0045267_1822595.jpg

[PR]
by yountomo | 2005-02-20 18:20 | Comments(2)

韓国1日目

午後13時半初のアシアナで、韓国へ行きました。
日本は朝から雪・・・飛行機揺れるんじゃないかってすごい不安だったけど、今回は揺れることもなく韓国に着きました。

空港にはお兄さんとタヨン、スンちゃんが前と同じく사랑해요と書いてある手紙を持ってきてくれました。
今までいつもはずかしがって私にあまり近づかなかったスンちゃんですが、今回は最初からとってもなついてくれました。
手も自然につないできたし。

家に着くと家族がみんな集まっていました。
足のけがのため入院していたオモニムも、今日は特別外泊許可。
みんなでお兄さんの家に行き、ご飯を食べました。
ご飯を食べるとみんなで「ユンノリ」
棒を投げて駒を進めていく、日本でいうすごろくのようなもの。
Kikiさんのブログでも以前紹介されていましたが、このユンノリ、みんな命がけでやってるんです!私はびびりました・・・

よーく見ると木の棒が宙を舞っています。
b0045267_17511431.jpg


くーーーっっ!失敗!!という顔をするアジュボニム
みな大喜びの図
b0045267_17514543.jpg


途中からついていけなくなった私は子供達にお土産渡し。
韓国にはない腹巻をあげたらみんな珍しがって超喜んでくれました。
前歯の抜けているタヨンは大声で「기분 좋다!!!」(気分最高!)と言ってました。
b0045267_17531156.jpg

チョカたち。ほんとはもっといます。私うもれてる
b0045267_17535336.jpg


23時ぐらいに解散、私とオッパ、2番目のお姉さん家族はオモニムの家へ。
1DKの家で7人で寝ました。

韓国へきて1日目、緊張してるのもあるし、部屋がすごく狭くてお風呂と部屋がすごく近いので、お風呂も入るのをあきらめ、その日は寝たのでした・・・
[PR]
by yountomo | 2005-02-19 17:55 | Comments(0)

韓国へ行ってきます。

明日から25日まで、韓国へ行って結婚式の準備をしてきます。
今日になってやっとスーツケースをあけて荷物を詰めたのですが、
韓国は最低気温-12度ですって!?ひえーーー!
-12度ってはじめての経験です。
お姉さん曰く、「寒いんじゃなくて痛い。」と言ってました・・・・・・こわいこわいこわい。

・・・・・
うちにはスーツケースが二つあります。
ひとつは私ので、かなり小さめ。
もうひとつはオッパので、すごいデカイんです。
つめてみたら私のスーツケースだと入りきらないので、オッパのスーツケースを使おうと思い開けてみたのですが、開けたらオッパのかつて(痩せていたコロの)服がなだれのように飛び出てきました。
しかもぐっちゃぐちゃに入ってるから全部しわしわ・・・
サッカーパンツ、超ビキニのブリーフ、さらに海兵隊時代のTシャツまで。

「オッパぁぁぁぁ~~~(泣)」とひとり言言いながら一枚ずつ片付けたわよ・・・

とりあえずオッパスーツケースには余裕で入りきり、ちょっとすっきり。
あとはオッパが自分の服を入れるだけ。

明日から韓国語漬けの生活です。
少しは伸びたかなー、私のヒアリング力。

また帰ってきたらUpします。



b0045267_18362985.jpg

Photo/韓国、ソラク山近くの海にお兄さん家族が遊びに行った一枚。
すげー寒そう・・・・・・・・
今回もお世話になります、おにいさん&お姉さん・・・
[PR]
by yountomo | 2005-02-18 18:17 | Comments(6)

先日の”お金問題”でたくさんコメントを頂き、ほんとうにほんとうにありがとうございます。
みなさんの一つ一つをしっかりとかみしめながら読ませていただきました。そしてとっても参考になり、いろんなことを考えました。

確かにあれは私のヘソクリですね。
ヘソクリは内緒にするものなのに、浅はかな私は付き合って3ヶ月ぐらいで何も隠さずオッパに言っちゃったんです。
それはオッパと仕事をしながら彼がどんな人かよく分かっていたから、
心を開いたのも早かったのかもしれません。

私のこつこつ貯めた貯金のことをもうオッパに言ってしまったことは巻き戻しできない・・・
かといってやっぱり、オッパの金銭感覚を全部受け入れることは私にはできません。

オッパも怒りが冷めたあとはそのケンカのことについては一切触れません。
まるでなかったことのように・・・

でも言い合いの発端となった私は、オッパに言われた一言一言をバイト中でも通勤電車の中でもスーパーの中でも思い出しちゃうんです。

우리(わたしたち)の世界のオッパにとって、自分のものは自分のもの、と言い放たれてしまったことは(しかも妻に)相当ショックだっただろうな・・・と。
反省の気持ちがあふれてきて、自分を責めてしまう。

Akieにもこのケンカについて話したのだけど、
「Yountomo一人が悪いと思っちゃだめだよ。
人にはそれぞれその人の価値観があって、それがぴったり合う人なんてぜったいいないよ。
お金を分けずに考える、それはあくまでも旦那の考えじゃん。考え方が違うのにどっちが悪いなんてないんだから。
だからこれからはバイト代2.3万ぐらい少なく旦那に申告して、こっそり貯金しなって!」と言われました。

なんか心が少しすっとしました。

やっぱり一人でもんもんと考えるとラチがあかないというか、どんどん自分を責めちゃう。

ここのブログでの皆さんのコメントも、
私にとってすごく力になっています。
ほんとに、ほんとーに、ありがとうございます・・・!!


・・・それにしても

無駄なケンカはもうしない!って2週間前ぐらいに誓ったのに、結局まただもん・・・・
オッパがいつか私にほんとーに嫌気がさして愛のない無関心夫婦になってしまったら・・・
と不安になりました。

考えなくてもいいよね、こんなこと・・・はぁ。
[PR]
by yountomo | 2005-02-10 20:46 | Comments(0)

今日は설날

今日は韓国ではお正月ですね。
お母さんは足の怪我のリハビリのため、まだ入院してます。
お正月なのにかわいそう・・・・・

日本VS北朝鮮を見てから、公衆電話へ国際電話をかけに行きました。

お兄さん夫婦のところにはじめに電話したんですが、
お兄さんと奥さんの話す韓国語は、80%ぐらい分かり、
さらに私自身いつもよりスラスラと韓国語を発することができて、
オッパも「すごいじゃん!!」とほめてくれ、ちょっとうれしかったんです。

この調子で最大の難関のお母さんへ電話してみよう!

・・・が、やっぱりお母さんの韓国語はほとんどわかりませんでした。

途中で「ふあぁぁぁぁあぁああZzzzz」とあくびもしてましたょ。おかあさん。

オッパは「(ゆっくり話すこともなくフツーの言葉で話すのは)お母さんがお前にそれだけ気を使ってないってことだよ。
俺は逆にうれしいよ」ですって。

それもそうなんだーけーど、
でもやっぱりも少しお母さんと意思疎通したいんです。

来週の渡韓に向けて、通勤電車の中では韓国語会話の本を読んでます。


そうそう。
日本対北朝鮮戦。
「ねえオッパはどっちを応援するの?」
と私が聞くと
オッパ「やっぱりね、北朝鮮だよ。正直言って。俺と同じ血が流れているし。
悪いのは正日だけだよ。
国民は全然悪くないよ。みんな苦しんでるし。だから勝ってほしいよ。勝たないとかわいそうだよ・・・」

私も今までならまったくもって日本Onlyを応援してたはずだけど、
日本対韓国、また今回の対北朝鮮戦なんかを見るときは、なんともいえない複雑な気持ちになります。
どっちが点を入れても喜んじゃうというか・・・

ま、それでいいよね。
スポーツは楽しくみなくちゃいけないもんね。

同日同時間に、韓国対クウェート戦があったんだけど、
日本では放送しないから、仕方なくDaumの文字中継を読みながらテレビを見るオッパ。
いっそがしいわ・・・
b0045267_1737491.jpg

[PR]
by yountomo | 2005-02-09 20:48 | Comments(0)

もう夜だ・・・

今日は朝から今までずーーーーーっとベッドの上でした。
掃除もしなきゃいけないし、買い物もいかなくちゃいけないのに、体も心も全然動かなかった。

そう、昨日また言い合いになった。

はぁ~~~。(深いため息)

みなさんは旦那さま又は結婚を前提とする恋人と、お金ってどうしてるんでしょうか?

私には、オッパと知り合う前にこつこつと貯めたちょっとした貯金があります。
これは、自分の中で、保険のようなもので生活の中では特に思い出すこともなく、ただ口座にうもれているかんじ。
子供が出来たときに使おうかなとも漠然と考えてるお金です。

それとは別に、私達が4月から二人で貯めた貯金があるのですが、
私達の生活はこちらのお金と口座を中心にしています。

今回の結婚式は、約1000ウォンほど、オッパの家族が出してくれました。
もともと私達は、300~400万ウォンぐらいの簡単な結婚式をするつもりで、
その考えも韓国の家族に伝えてはありました。
それに、費用はなんとかして自分たちで出したかったんです。

でも、気がつくとなんとかなり大規模な結婚式になってたんですよ・・・
オッパが末っ子、やはりちゃんとしたいという家族の気持ちでしょう。

もちろんそんな大金すぐに私達がお母さん達に払えるわけがありません。
お母さんたちは「お前達のお金はいらない」と言っていますが、
それでもやっぱりせめて半分は出したい。

来週韓国へ行くとき、今持っている貯金を少しでも持っていこうと思ったのだけど、
昨日私達のほうの貯金を計算してみた。
2月、3月の韓国渡航やおみやげ代金などを引くと・・・なんとほぼ一銭も残らないのです。

この時点で私が、自分でためてた例の貯金(ある意味へそくりですよね)の存在を思い出せばよかったのに、頭の片隅にもありませんでした。

それでオッパに、「お金が足りないから、今回は韓国に持っていけないよね・・・式が終わってまた貯金が出来る状態になったら徐々にかえしていこう」と言ったんです。

オッパにしてみたら、そこで「私の貯金で払っておこう」と言ってほしかったんです。←そもそもこの「私の貯金」と考えているところがだめなんですって・・・
そう言われても、オッパはその貯金を使う気はないらしいのですが、私のそういう「気持ち」を見たかった・・・のだそうです。

言われてから「あ、そっか・・・私の貯金があったじゃん・・・」と気づいたのですが、時すでに遅し。
「まるで俺を他人のように見てるよ。もし俺だったら絶対にそんなこと言わないよ。Tomokoが困っていたら絶対に何でもあげるよ」

ここまで言われたらもう何もいえません・・・・・・

要は、私の貯金を分けて考えている私が冷たいということなんです。

オッパの言い分は確かに分かるし悪いと思ってる。
でも・・・
心のどこかで納得いかない自分がいる。

もう結婚したのだから、お財布も貯金もひとつにするのが普通なのかなあ?
私の自覚が足りないってことかなあ・・・

こんなことでぎくしゃくして、結局今日まで持ち越しました、この気持ち。

お金の問題ってすごく敏感ですよね・・・
みなさんはどう思いますか・・・
別々に考えている私がやっぱり間違ってるんですよね・・・
[PR]
by yountomo | 2005-02-08 17:52 | Comments(12)